東北大学山岳部・山の会

新着ニュース

噴火想定範囲

【alert】蔵王山の火口周辺警報(火口周辺危険)を解除

平成27年6月16日午前9時00分、仙台管区気象台は蔵王山の火口周辺警報(火口周辺危険)を解除し、噴火予報(活火山であることに留意)に引き下げました。

蔵王山では、2015年4月に御釜周辺が震源と推定される火山性地震が増加し、火山活動が活発になりましたが、5月下旬以降は地震の少ない状態で経過しています。 火山性微動も5月17日を最後に観測されていません。また、これまでに行った現地調査や上空からの観測等では、御釜周辺と丸山沢噴気地熱地帯をはじめ 想定火口域(馬の背カルデラ)内に特段の変化は確認されていません。これらのことから、蔵王山では噴火の発生する可能性が低くなったものと考えられます。

2013年以降、火山性地震の増加や火山性微動の発生が観測されており、2014年10月以降はわずかな膨張を示す地殻変動が観測されるなど、 長期的に見ると火山活動はやや高まった状態にありますので、今後の火山活動の推移に注意してください。

なお、蔵王山は活火山であることから、想定火口域(馬の背カルデラ)内で噴出現象が突発的に発生する可能性がありますので、周辺では注意が必要です。 登山や観光などで山に入る場合には、活火山であることに留意して、突然の火山活動の活発化に注意して行動してください。

※左衛門小屋は「水蒸気噴火想定火口域(馬の背カルデラ内)」に含まれ、清渓小屋は「想定火口域外縁から1.2kmの範囲(水蒸気噴火の場合大きな噴石に注意)」にあたります。

また蔵王エコーラインにつきましては、2015年6月22日(月)に開通となります。午前8時から山頂の刈田峠駐車場で開通式を行った後、宮城側と山形側の両ゲートが開かれる予定です。 この開通に合わせ、宮城県はエコーラインから山頂のレストハウスに至る有料道路「蔵王ハイライン」の通行料金を7月31日まで無料とすることを決定しました。

お問い合わせ>> 蔵王町総務課 TEL:0224-33-2211
       蔵王山火山防災情報 最新情報
 ※最新の火山防災情報をご注意ください

東北大学山岳部および山の会

山

 東北大学山の会は、旧制第二高等学校山岳部(大正3年創部)・東北帝国大学山岳部(大正12年創部)・東北大学山岳部の三つを源とするOB会であります。 人的交流を通じてそれぞれの山岳部の良さを受け継ぎ、会員相互の親睦を図ることを目的とし、併せて東北大学学友会山岳部の後援を行っております。     

 東北大学学友会山岳部は星陵キャンパスに部室を構え、山の四季の素晴らしさと自然の厳しさを舞台に体力・技術を身につけながら、オフシーズンのない活動を行っております。年齢や性別、経験の有無を問わず、学部を越えた仲間達との山行は、等身大の結びつきを育んでいく興味深い時間です。     

 OBから現役まで各世代の会員・部員が自分なりの夢を追い、そうした夢を会として支え、バックアップしていく。このような良き伝統を守り伝え続けております。