戻る


「のび太!いつまで寝ているの!早く起きなさい。」
お母さんの声が聞こえました。
のび太は布団の中でもぞもぞ、眼をさましました。
「今日は日曜日だよー。」
まだ眠そうに眼をこすりながらのび太は押入の方を見やりました。
襖が開きドラえもんが眼をこすりながら、
「フアー、ねむいよ。」
お母さんが、「何言ってるの!もう9時ですよ。あなた達今日9時に何か約束があったんじゃないの?」
「あっ、そうだ!のび太くん 早くおきなくっちゃ。」
のび太くんは、まだ寝むそうに布団の中でゴソゴソ・・・。
「のび太くん!!のび太くん!!!」
「うるさいなー。」
「もう知らないからね!」
「今日、ジャイアン達と約束あったんじゃないの?」
急にのび太は布団から飛び起きました。
「あーーーー。」
「どうしようーーー。」
「ドラえもんのばか!!!」
「どうして早く起こしてくれなかったん
「あきれた」
のび太くんは、いち早く起きて顔も洗わず家を飛び出しました。

いつも通りののび太くんの日曜日が始まりました。
いつもの公園に着くとジャイアンとスネオとしずかちゃんが待っていました。
ジャイアンは不機嫌そうに腕を組みながら待っていました。
「のび太!・・遅刻じゃないかよ。」
げんこつを振り上げて言いました。
「ごめんごめん。」
しずかちゃんが、「いいじゃない、私たちも今来たところなのよ。」
スネオが言いました 。「今日は 特別な日だからゆるしてやろうよ。」
「そうか、じゃゆるしてやるか。」とジャイアン・・・。
今日は、みんなのルーツをたどる日なのです。
「俺の生まれた時は、かわいかったんだろうなあ。」ジャイアンが言いました。
スネオが小声で「ゴリラの子供みたいじゃないの。」
「なんだよ、聞こえたぞ。」
「ゴツ!」
「まず、しずかちゃんからいこう!
ドラえもん、出して!」
「ルーツ探検機!!・・・・」

これは探検したい人に近づけると、その人の生まれた時から今現在までを早回しで探索出来る機械なのです。

「オギャー、オギャー。」しずかちゃんが生まれた瞬間です。
「かわいい。」
「しずかちゃんって、生まれた時からかわいいんだね。」
「はずかしい、みないで。」
しずかちゃんが自分の顔を手でふさいでいいました。
生まれたばかりなので、素裸だったからです。
しずかちゃんの10年間が終わり

次はジャイアンの番です。
「オギャー、オギャー。」
「はははーーー。」
のび太もスネオもしずかちゃんも笑いました。
ゴリラの子供そっくりだからです。
「ゴツ!」
「なんで 笑うんだよ。」
今度はのび太が殴られました。
「しかたないだろ、そっくりなんだも・・・。」
「ばかやろー、次はスネオの番だ。ドラえもん早くしろ」

ドラえもんは「わかったわかった。と言ってスネオに機械を近づけました。
「オギャー、オギャー。」
「はははーーーーー。」
みんな笑いました。
「なんで笑うんだよー。」
「ゴツ!」スネオがジャイアンに殴られました
「なんでジャイアンに殴られなければ、いけないんだよ!?」
涙めでスネオが言いました。
「キツネの子供みたいでおもしろすぎなんだよ。」
「そんなーー。」
スネオはお母さんにあまやかされ、何でも買ってもらっている10年間でした。
そのたびにジャイアンに殴られていました。
「こんなのあるかよ。みなきゃよかった。」

さあ次はのび太の番です。
ドラえもんがいいました。「のび太くん、知らないよ。」
「いいもん! ぼくはうらやましがられる事何もないから。」

ドラえもんは、のび太くんに機械を近づけました。
「オギャー、オギャー。」
「はははーーーーー。」みんな笑いました。
「なんだよーーー。」
のび太は言いました。
やがて、のび太の10年は終わりました。

「あれ?」みんなが言いました。
「なんでのび太の時いったん真っ黒になったんだ?」
「そういえば、そうだね。」
「ドラえもん、どうして?」のび太はドラえもんに聞きました。

ドラえもんは、急にそわそわして、
「いいの!それは。」
みんなは「どうして!どうして!」としつこく聞きました。
ジャイアンが言いました。
「あ!わかった。のび太が寝小便たれたんだ。だからドラえもんがわざと隠したんだ。」
のび太は「ちがうよ。」
「ドラえもんちがうよね。」
ドラえもんは「ちがうよちがうよ。」と言いました。
「それじゃ、みせろよ。」ジャイアンとスネオが言いました。
あまりのしつこさにドラえもんが言いました。
「ちがうよ。これはのび太くんと僕の秘密なんだ。
みんなにはみせられないんだ。

これを見せれば僕とのび太くんがもう会えなくなってしまうんだ。」
そんな秘密があるなんて今まで知らなかったのび太は「そんなの聞いてないよ。」
しずかちゃんがいいました。「会えなくなるのなら、私たちだって困るから、見るのやめようよ。」
でも、のび太はしつこくいいました。
「僕のつごう悪い事なの?」
「いや、そうじゃないけど・・・」
「じゃ 見せてよ。」
「・・・」
「ドラえもんのばか!今みせてくれなきゃ、一生ジャイアンにいわれてしまうじゃないか!」
「ドラえもんなんか嫌いだ!」
「もうドラえもんなんかいなくていい!」
泣きながらのび太は言い続けました。
ドラえもんは悲しい顔で言いました。
「そうだね、のび太くんにとって、良いことなんだからね。本当に見たい?、本当に見たい?」
何度も繰り返し言いました。
「僕に良いことだったら見たいに決まってるじゃないか!!
「会えなくなってもいいから見させてよ。」のび太は言いました。

のび太の心には、見てもドラえもんに会えないはずは無いと信じていたからです。
「・・・うん・・・本当にいいんだね?」
「いいよ。」
「・・・わかった。見よう。」
ドラえもんはもう一度のび太の体に機械をつけようとしました。
「本当に、いいんだね、いいんだね?」
ドラえもんは何度も言いました。
「ドラえもんしつこいよ。」とのび太が言いました。
ジャイアンも言いました。「ドラえもんしつこいぞ。」
スネオも言いました。「ドラえもんしつこいよ。」しずかちゃんがいいました。「のび太さん、本当にいいの?」
「いいんだよ。」のび太がそう言うとドラえもんはのび太の体に機械をつけました。そのとき、近くの交差点のブロック塀の陰から、のび太のお母さんとお父さんがのぞいているのがのび太の眼にうつりました。
お父さんとお母さんは何か言っているように、のび太には感じました。

「ドラちゃん・・・いままで ありがとう・・・・・・」

のび太にはやな予感がしました。
「やめよう。いままでどうりでいいよ。
ばかにされてもいいよ。やめよう。」
ドラえもんは言いました。
「のび太くん遅いよ。のび太くんもう遅いよ。」
ドラえもんの眼から大粒の涙がこぼれていました。
その涙は止まる事はありません。
「さようなら、さようなら、さようなら・・・」
のび太の眼からも、訳がわからず涙がこぼれ落ちました。
「やだよーーーー」
「やだよーーーー」
「やだよーーーー」
ドラえもんの姿がどんどん薄くなっていきました。
のび太は流れる涙のせいだと思いました。
「あーーードラちゃんが消えていく!」
しずかちゃんが叫びました
「ほんとうだ、ドラえもんが消えていく!」
「ドラえもーーーん」
「ドラえもーーーん」
ジャイアンとスネオも叫びました。
のび太は「やだよーーードラえもん」
「やだよーーードラえもん」
「やだよーーードラえもん」
「やだよーーードラえもん」と言い続けていました。

真っ黒い空白の一日がみえ始めました。
真っ青に晴れたセミの鳴く普通の一日です。
「いってきまーす。」
のび太は元気に学校に出かける風景です。
あいかわらず分厚いめがねにパットしない顔の野比のび太は大好きなねこ型ロボットのおもちゃを鞄に入れて出かけました。
あいかわらず朝寝坊ののび太は、「今日も、遅刻だよ」と言って走って出かけました。
口には朝ご飯のパンをくわえて、
玄関でお母さんが「のび太―ー、気をつけて行きなさいよ。」
「わかってるって。」
・・・ちょうど交差点を曲がろうとしたとき、猛スピードでダンプカーがきました。
あっというまに、のび太はダンプカーにはねられてしまいました。

救急車で運ばれたのび太は危篤状態でした。
体が“ピクリ”ともしません。
周りでは病院の先生たちが、一生懸命手当をしていました。
廊下で、学校の先生、のび太のお母さん、お父さん、スネオ、ジャイアン、しずかちゃん、みんな心配そうにしています。

お父さんとお母さんは泣いていました。
ベットに横たわるのび太の手には大好きなねこ型ロボットがしっかりと握りしめられていました。
のび太がゆっくりと眼をさましました。
「ドラえもんは?」のび太はよわよわしい声で言いました。
最初に見えたのは、二人のおじさんと一人のおばさんでした、それとなにやら入り口の方で泣いているおじいさんとおばあさんでした。
一人のおじさんが言いました。
「のび太―ーー」
おばさんが言いました。

「のび太さん」
のび太は怪訝そうに言いました。
どことなく二人のおじさんは、ジャイアンとスネオに似ていたからです。
もう一人のおばさんは、しずかちゃん。
入り口の横で泣いているおじいさんとおばあさんは、お母さんとお父さんに、似ていたからです。
のび太は言いました。
「どうしたの?僕は、あなたは?」
「のび太、俺達だよ。ジャイアンとスネオだよ。しずかちゃんもいるよ。そして、お母さんとお父さんだろ、そうだよな。おまえは、あの事故以来25年もたったからな。おまえは、交通事故でダンプカ―にぶつかって植物人間になってしまって、あれ以来すっと寝っぱなしだったからな。
俺たちはもう35歳になったよ。
俺(ジャイアン)は結婚して子供も二人いるよ。かわいいぜ。」
スネオが言った。
「僕も、結婚して子供は一人いるよ。」
何がなんだか分からなかったのび太はだんだん、その状況を分かってきた。
「ドラえもんは?」しずかちゃんが言った。
「のび太さん、今、握りしめているそのねこ型ロボットの事?そのロボット、“ドラえもん”って言うの?」
そばで、お母さんとお父さんが、「のび太、よく戻って来てくれたな!」のび太は言った。
「ドラえもんが ドラえもんが・・・」
「なんだか分からないけど、おまえのドラえもんがおまえを生き返らせてくれたのか。」
のび太はやっと分かりかけてきた。
どうりで何年たっても小学生から成長しなかった訳だ。
「僕はいったい何歳なんだ?そうか、ジャイアン、スネオと一緒だから35歳なんだ。」
お母さんに言った「お母さん、歳をとったね。お父さん、心配かけたね。
白髪だらけになって・・・でも僕は楽しかったよ。」
横からしずかちゃんがいった。
「あなた、本当にお帰りなさい、これから二人で幸せになろうね。」
のび太が言った。
「え・・・?」
「のび太さんとは、10年前に結婚したの。あなたが必ず眼をさますことを信じて。10年前に、私は天の声を聞いて。そして、のび太さんと結婚する夢をみたわ。天の声は変な丸い顔をしたたぬきみたいな、動物なの。その動物を信じてみようと思ったの。」
空はいつものとおり、真っ青な晴天で、ベットの周りからは笑い声がしはじめた。
手に握りしめた、ネコ型ロボットは25年もたってうすよごれていたけど、なぜかいつものドラえもんのようなやさしい顔をして、のび太に話かけているようだった。

「のび太くん・・・勉強しなきゃだめじゃないか」
のび太は誰にも聞こえないような小声で言った。


「ありがとう・・・ドラえもん」




TOPへ戻る