東北大学山岳部・山の会

山

東北大学山の会は、旧制第二高等学校山岳部(大正3年創部)・東北帝国大学山岳部(大正12年創部)・東北大学山岳部の三つを源とするOB会であります。 人的交流を通じてそれぞれの山岳部の良さを受け継ぎ、会員相互の親睦を図ることを目的とし、併せて東北大学学友会山岳部の後援を行っております。     

東北大学学友会山岳部は片平キャンパスに部室を構え、山の四季の素晴らしさと自然の厳しさを舞台に体力・技術を身につけながら、オフシーズンのない活動を行っております。年齢や性別、経験の有無を問わず、学部を越えた仲間達との山行は、等身大の結びつきを育んでいく興味深い時間です。     

OBから現役まで各世代の会員・部員が自分なりの夢を追い、そうした夢を会として支え、バックアップしていく。このような良き伝統を守り伝え続けております。

山の会の沿革

H23年度総会にて

東北大学山の会は旧制第二高等学校山岳部(大正3年創部)・東北帝国大学山岳部(大正12年創部)・東北大学山岳部のOB会であり、会員相互の親睦と山岳部の後援を行っている。 会員を繋ぐ絆は「夢」。
旧制二高時代は蔵王に自分たちの山小屋を作り、スキーとヒュッテンレーベンを満喫する。飯豊の沢と積雪期の登山。仲間と共に困難を克服して生まれる友情と団結。 先輩も同等の荷を背負い、現役がへばると黙ってその荷を背負ってやろうとするリベラルな気風とパーティーシップ、スポーツ登山と一線を画した登山哲学。そうした中でのアジア内陸踏査探検への夢。
東北帝国大学山岳部においても、蔵王に山小屋を建設。北海道、飯豊・朝日等の東北の山々、北アルプス剣岳・穂高岳、谷川岳等に活動の場を求めた。 谷川岳の岩場を開拓された小川登喜男さん・田名部繁さんに代表されるように、より困難な未知のルートを求めて山に取り組んできた。
戦後の学制改革で誕生した東北大学山岳部。 さまざまな山の会OBとの人的交流を通じて、ごく自然にそれぞれの山岳部の良さを受け継ぎ、先輩の果たせなかった夢を自分たちの夢に重ね合わせた。 日高、飯豊・朝日、剣・穂高、日本各地の山々で山行を積み重ね、アラスカのルケニア峰、ペルーのチョケティラ峰、カラコルムのシンギカンリ、チベットのニェンチェンタンラと海外での登山も成功させてきた。
それぞれの世代で、それぞれの部員が自分なりの夢を追い、そうした夢を先輩がバックアップしていく。そうした伝統を今後とも、守っていきたい。

東北大学山の会 今井順一